マンション管理士の時給は1万円!?

別のページで、マンション管理士について「食べていける人もいれば、食べていけない人もいる」と、身も蓋もない言い方をしてしまいましたが、敢えてどちらかを選ぶとすれば、マンション管理士は十分に「食べていける」資格だと思います。

「食べていける人もいれば、食べていけない人もいる」という表現を用いたのは、ひとえにマンション管理士が独立・開業を目指せる資格だからに他なりません。
会社員のように会社から毎月決まった給料がもらえるわけではありませんので、人によっては年収200万円以下といったこともあるでしょうし、また人によっては年収1000万円以上といったこともあるでしょう。

年収に関して客観的な統計データがあるわけではありませんが、複数のマンション管理士の声を総合してみると、一般的なサラリーマンの年収と比べて、そう大きくは違わないようです。
これがさきほど、マンション管理士は十分に「食べていける」資格だと述べた理由のひとつです。

もうひとつの理由は、マンション管理士の仕事の単価にあります。
「分譲マンション管理アドバイザー制度」といって、マンション管理士を始めとした各種専門家が、相談者に対してマンション管理に関するアドバイスを有料で行う制度があるのですが、この料金が1回2時間で約2万円となっています。時給に換算すると約1万円ということになります。

ちなみに、ここに相談に来るのは主に個人のお客さんです。マンション管理士は、個人はもちろんのこと、管理組合という組織もお客さんにしますので、その場合にはさきほどの金額以上の単価を見込むことができます。

言うまでもありませんが、「収入=単価×顧客数」ですので、年収について考えるうえでは、単価だけでなく顧客数についても考慮する必要があります。

独立・開業をする際、一般的には「専門分野を作って、それに特化すべき」といったことがよく言われますが、殊にマンション管理士に限って言えば、元々活動分野が限定された資格ですので、そこからさらに特化させるのではなく、むしろマンション管理に関する相談なら何でも受け入れる間口の広さが、顧客数獲得のためには重要になってきます。

>>合格率が全国平均の3.97倍!マンション管理士の通信講座とは?