「学習の難易度(ハードル)」がもっとも低いのは通学講座

マンション管理士試験の勉強法には、①通学講座を受講する、②通信講座を受講する、③独学で学ぶの計3つの方法がありますが、それぞれの学習の難易度を表にまとめると、以下のようになります。

①通学 ②通学 ③通学

マンション管理士試験のプロ(講師)によるわかりやすい説明(講義)が聴けて、なおかつ仮に理解できない箇所があったとしても、その場で質問してすぐに解決することのできる「①通学」が、学習の難易度という点ではもっともハードルが低いと言えます。また学校には、講義を受け持つ講師だけでなく、さまざまな面でサポートをしてくれるスタッフも常駐しているので、安心して受験勉強に取り組むことができます。マンション管理士試験の学習が初めての人や、マンション管理の実務経験がない人などは特に、この「①通学」という手段を選ぶと良いと思います。

「②通信」は「○」評価としました。
通信講座の中には通学講座と遜色ない講座もあるのですが、しかし数ある通信講座の平均値をとって比較すると、やはり通学講座には劣ってしまいます。たとえば講義メディアが付かないタイプの通信講座と通学講座を比べてしまうと、学習効果の差は歴然です。
そして何よりサービスの手厚さやきめ細かさの点で、通信講座は通学講座には敵いません。質問受付制度を設けている通信講座などもありますが、質問から回答までの間にはどうしてもタイムラグが生じてしまいます。

残る「③独学」の学習難易度は、「①通学」「②通信」と比べると、だいぶハードルが上がります。ただし敢えて「×」評価とはしなかったのは、独学での合格が絶対に不可能というわけではなく、マンション管理の実務経験者や受験経験者なら、やり方次第で合格を狙うことも可能だからです。

前のページで、「広範囲にわたる内容を確実かつ効率的な学ぶことこそが、難易度の高いマンション管理士試験を突破する鍵だ」と述べましたが、「効率性」ということを考えるとやはり、戦略的なカリキュラムを持つ「①通学」「②通信」の方が有利であることは間違いありません。

>>合格率が全国平均の3.97倍!マンション管理士の通信講座とは?