出題分野別の難易度と攻略法

マンション管理士試験では、
(1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること、
(2)管理組合の運営の円滑化に関すること、
(3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること、
(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
の全4分野から出題されます。
法令、実務、運営、構造、設備など広範囲にわたる内容を確実かつ効率的に学ぶことこそが、難易度の高いマンション管理士試験を突破する鍵だと言えるでしょう。

各分野を、難易度の観点から分析してみたいと思います。

まず「法令・実務」分野はマンション管理士試験の中心をなす出題分野なのですが、一口に「マンションの管理に関する法令」と言っても非常に多くの種類があり、
そのボリューム感が学習の難易度を高めていると言えます。
ここでのポイントは、数ある法令の中から重要法令に絞って学習をすることです。具体的には、出題頻度の高い区分所有法、マンション標準管理規約、民法を中心に学習すると、試験の点数を効率的に稼ぐことができます。

次に「管理・運営」分野ですが、出題される問題の難易度自体はそれほど高いものではありません。ただし、ここでは会計に関する問題も出題されるため、
数字に苦手意識を持っている受験生は苦戦を強いられるかもしれません。
とは言っても、繰り返しになりますが問題自体はそれほど難しくないので、問題演習を繰り返すことで十分に克服可能です。

対照的に「構造・設備」分野の問題は、難易度自体が結構高めです。加えて、実務経験や学習経験のない人にとっては初見の専門用語が頻出するので、学習しづらいといった特徴もあります。
ただし幸いなことに、この分野からの出題はそれほど多くないので、あまり踏み込み過ぎることなく、テキストと過去問を中心にさらりと学ぶくらいでも良いと思います。

最後の「マンション管理適正化推進法」分野も出題数自体はそれほど多くはありません。純粋に試験対策という観点に立つならば、そこまで力を入れる必要もないのですが、ここで学ぶ内容はマンション管理士の実務にも関わってくるので、試験合格後のことを見据えるならば、しっかりと学習しておきたいところです。

>>合格率が全国平均の3.97倍!マンション管理士の通信講座とは?